スポンサーサイト

  • 2010.06.15 Tuesday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


水俣病 和解へ…闘いに苦渋の決着(毎日新聞)

 水俣病未認定患者団体「水俣病不知火(しらぬい)患者会」が28日の原告団総会で熊本地裁の和解案受け入れを決め、3万人以上に上るとみられる未認定患者の救済問題は決着へ向かうことになった。ただ、「ノーモア・ミナマタ」を掲げて4年半にわたる裁判を闘った原告らは、和解案受け入れの決断に複雑な思いもにじませた。【西貴晴、結城かほる】

 ◇国は真に謝っていない/生きているうちの救済を

 「反対の方は挙手を」。総会が開かれた熊本県水俣市総合体育館。原告1050人の中で、第1陣原告の男性(83)だけが手を挙げた。「原因企業のチッソや国が、真に患者に謝っているとは思えなかった」からだ。

 男性は戦前に水俣に移り住み、旧国鉄水俣駅で働いて定年を迎えた。手足の感覚障害や耳鳴りはあったが、検診を受けそれが水俣病の代表的症状と知ったのは提訴直前。症状が明確だったこともあり、第1陣に入った。

 「チッソと、被害拡大を防がなかった国や熊本県に心から謝ってほしい」。男性が裁判にかけた思いだ。しかし今回の救済策は「水俣病問題の最終解決」を掲げ、男性には一時金などで過ちにふたをしようとしているようにも映った。「被害者の命が軽んじられていることが悔しい」。総会後、男性は語った。

 水俣市の南アユ子さん(66)は採決を棄権した。国は当初、チッソが水銀排出を止めた1968年までに救済対象を限った。2月の和解協議で子どもが母胎内にあった期間を考慮し「69年11月生まれ」まで延ばすことになり69年6月生まれの次女(40)は救済対象になった。

 だが、出生年で救済から漏れる可能性のある原告はまだ12人いる。「裁判を闘ってきたのは全員救済を求めるため。子供たちの代がすべて救われないのでは支援者にも申し訳なく、賛成できなかった」

 一方、別の第1陣原告の男性(75)は賛成に手を挙げた。患者会の原告2123人中、既に55人が亡くなった。「和解を拒否して判決を待てば、亡くなる会員も増える」と。

 前回95年の政治決着時、男性は水俣市内にあるチッソの取引先会社に勤めていた。救済対象者を判定する検診当日、会社に「検診に行く」と言い出せなかった。悔しさが募り、不知火患者会の提訴を聞いて自ら加わった。

 何度も法廷に出て、解決を訴えるビラ配りもした。今回の救済内容に、完全に納得しているわけではない。しかし「ようやく和解にこぎ着けた。判決を待てば、私も生きているか分からない。ここで決着するしかない」。苦渋の決断を語った。

 ◇「まだ油断できない」…関西の原告ら思い複雑

 今回の和解案受け入れについて、大阪地裁に同様の訴訟を提訴している「水俣病不知火患者会」近畿支部の浦田建国(たてくに)支部長(69)=大阪府岬町=は「和解案受け入れは評価したい。しかし大阪地裁ではまだ和解勧告が出ておらず、国が相手なので油断できない」と話した。

 一方、現在も行政上の患者認定を求めて熊本地裁で係争中の川上敏行・水俣病関西訴訟原告団長(85)=東大阪市=は「最高裁判決では患者と認められたが、行政は40年間も放置した。患者と認めてほしいという訴訟を起こした意味を考えると、今回の金銭での和解には割り切れない思いもある」と語った。【日野行介】

【関連ニュース】
水俣病:29日に和解合意…不知火患者会が受け入れ決定
水俣病:未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ
水俣病損賠訴訟:和解案、チッソも受け入れ
水俣病:不知火会との和解所見、積極受け入れへ 熊本知事
水俣病訴訟:不知火患者会との和解案受け入れへ 鳩山首相

生きる 募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)
同乗者3人、危険運転は不起訴=名古屋ひき逃げ死亡事故−地検(時事通信)
爆発 建設中のごみ処理施設で 4人重傷 4人けが 姫路(毎日新聞)
2氏が届け出=京都知事選(時事通信)
「太陽の塔」目玉点灯…万博40周年記念(読売新聞)

ロイヤルホスト、80年代のメニュー復活(産経新聞)

 ファミリーレストラン「ロイヤルホスト」を運営するロイヤルホールディングスは24日、6月14日の「ロイホの日」を記念して、1980年代に販売した人気洋食メニュー4品を5月11日(火)から6月16日(水)の期間に全国のロイヤルホストで販売すると発表した。

 復活2回目となる今回は、WEBサイトと携帯サイトで80年代に人気を博した洋食9品から復活して欲しいメニューを募集。その結果、上位に入った「ビーフドリア」「ジャンバラヤ」「タコス」「プリンアラモード」の4品が選ばれた。

 6月14日の「ロイホの日」は「ロ(6)イ(1)ホ(4)」にちなみ、昨年から全国のロイヤルホストで始めた記念日。昨年の復活メニューは1週間のみの期間限定販売だったが、好評につき今年は1カ月強に期間を伸ばして実施することになった。

【関連記事】
マックとロイホ、全席禁煙で儲かる!?
ホットケーキが500円で食べ放題 ロイホがキャンペーン
“くろくろ”バーグが100万食突破 ロイヤルHDが4カ月で
「てんや」を完全子会社に ロイヤルがTOB
100%国産の「黒×黒ハンバーグ」 ロイヤルホスト、品質で巻き返し
医療最前線 ドラッグ・ラグの行方

【めざせ!ネイル美人】ピンク恋し春(産経新聞)
<長野夫婦殺害>被告に無期懲役の判決 長野地裁上田支部(毎日新聞)
<倉吉市長選>石田耕太郎氏が初当選 鳥取(毎日新聞)
校長室で性的関係…江戸川の区立小前校長を処分へ(読売新聞)
指定弁護士ら遺族と面談=兵庫・明石歩道橋事故(時事通信)

18歳少年?の遺体を工事現場に埋める 容疑の知人男逮捕 (産経新聞)

 男性の遺体を工事現場に埋めたとして、茨城県警稲敷署などは24日、死体遺棄容疑で茨城県龍ケ崎市、土木作業員、飯嶋翔太容疑者(20)を逮捕した。同署によると、飯嶋容疑者は龍ケ崎市の溶接工の少年(18)との間にトラブルがあり、調べに対し「21日に仲間数人で(少年を)殴ったら、死んだため埋めた」と供述。遺体は供述通りの場所から発見された。

 同署などは、遺体は少年とみて身元確認を急ぐとともに、死因や共犯者の有無などについて調べている。

 同署などの調べによると、飯嶋容疑者は22日午後9時ごろ、稲敷市新橋の圏央道工事現場に男性の遺体を埋めた疑いが持たれている。

 22日午後10時ごろ、少年の家族が、行方が分からなくなった少年について牛久署に相談。少年は飯嶋容疑者と知り合いで、飯島容疑者の友人との間に、3年くらい前から女性をめぐるトラブルがあったことから、同署などが飯嶋容疑者に事情を聴いたところ、容疑を認めたという。

【関連記事】
乳児殺害容疑で父親を再逮捕 宮崎の母子ら3遺体事件
妻の遺体と同居1カ月半…元海自隊員に実刑判決
歯科経営者殺害の被告に懲役23年、大阪地裁
能古島の切断遺体 6日から行方不明の32歳女性会社員 福岡
男性緊縛遺体 監禁容疑で6人逮捕 警視庁
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<連合>554組合すべて賃金カーブ維持(毎日新聞)
サクラ三分咲き、でも待ちきれない…上野公園(読売新聞)
<雑記帳>元牛舎を全面改造のカフェオープン 静岡・三島(毎日新聞)
高崎山リーダー猿、在位最長記録を更新(読売新聞)
「警察への国民の信頼損なった」覚醒剤使用の元警部補に有罪判決 東京地裁(産経新聞)

地下鉄サリン15年 遺族、首相らが献花 健康被害なお(毎日新聞)

 95年に起きた地下鉄サリン事件から、20日で15年を迎えた。犠牲者が出た東京メトロ6駅では同日朝、慰霊の行事が開かれ、遺族らが献花台に花を手向けた。東京都千代田区の霞ケ関駅では、鳩山由紀夫首相ら与党幹部も手を合わせ、事件の再発防止を誓った。

【特集】忘れない:『事件』と『逃亡』二重の行為 苦しみを増幅(地下鉄サリン事件)

 霞ケ関駅では、事件発生とほぼ同時刻の午前8時、駅員23人が黙とうをささげた。事件当日、本社で被害情報の収集に当たったという高根沢新治・霞ケ関駅務管区長(55)は「当時、体が震える思いをした。事件を風化させることなく、危機意識を持ってお客様の安全を守ろうと社員に伝えている」と語った。

 献花台には午前から、遺族や事件に巻き込まれた被害者らが姿を見せた。同駅助役だった夫の高橋一正さん(当時50歳)を亡くした妻シズヱさん(63)は霞ケ関駅で白や黄色のキクの花を供えた。

 シズヱさんは「15年を非常に長く感じている。被害者救済法ができ、被害の実態も分かってきた。苦労も報いられているのかなと思うが、それが私たちのゴールではない。健康被害は今も続いている」と話し、国や都に治療体制の整備や被害者対策の充実を求めた。

 献花をした前原誠司・国土交通相は「13人のご冥福をお祈りし、テロ対策を含めた交通安全に万全を期すと誓った」と述べた。

 オウム真理教の上祐史浩元代表が代表を務める宗教団体「ひかりの輪」はホームページで「被害者や遺族の方々に心よりおわび申し上げます」と上祐元代表名のコメントを掲載した。未払い賠償金については「お支払いを心して続けさせていただきます」としている。【山本将克】

 【ことば】地下鉄サリン事件

 オウム真理教が、警察の強制捜査を回避しようと東京都心の地下鉄に猛毒サリンをまいた無差別テロ事件。95年3月20日午前8時ごろ、信者5人が営団地下鉄(現東京メトロ)霞ケ関駅に向かう日比谷、丸ノ内、千代田3路線の5電車内に散布。乗客、駅員ら13人が死亡、約6300人が負傷した。関与したとされる教団幹部では、松本智津夫(麻原彰晃)死刑囚(55)ら7人の死刑が確定。警視庁は高橋克也(51)、菊地直子(38)両容疑者について殺人と殺人未遂容疑で指名手配し、捜査を続けている。

【関連ニュース】
地下鉄サリン:15年でつどい 元警察庁長官「反省多い」
地下鉄サリン:死者1人増え13人 警察庁が再調査
東京消防庁:地下鉄でテロ対策訓練 サリン事件から15年
地下鉄サリン:遺族が関係者取材、映像に 20日で15年

カルト対策で連携強化=78大学が情報交換−入学シーズンは要注意(時事通信)
法務局課長補佐、部下の金盗む…カメラに犯行(読売新聞)
街頭募金詐欺で実刑確定へ 最高裁初判断(産経新聞)
主観的理由、規制せず 2次元児童ポルノ 都が緊急見解(産経新聞)
新幹線レール、東京─鹿児島つながる…来春開通へ(読売新聞)

<地方分権委>志半ばの「退場」 31日で活動終了(毎日新聞)

 地方分権改革のエンジン役を担った政府の地方分権改革推進委員会(丹羽宇一郎委員長)が31日、地方分権改革推進法に基づく設置期限が切れ、活動を終える。自民党政権下の07年4月に設置されてから3年間で99回の会合を開き、約200時間の議論を重ね、4度の勧告を政府に提出した。一方その間、首相が4代にわたり交代。最終的には民主党への政権交代で前政権の「遺物」となった分権委の存在感は薄れ、志半ばの退場となった。

 「鳩山内閣は勧告内容を速やかに実現してほしい」。19日に開かれた最終会合後の会見で丹羽委員長はこう訴えた。勧告で国道や河川管理などの地方への権限移譲や、国の出先機関の廃止・縮小、国が地方自治体を法令で縛る「義務付け・枠付け」の見直しに切り込んだが、ほとんど実現していないからだ。

 分権改革が進まなかった理由を、内閣府幹部は「政治に翻弄(ほんろう)されたから」と解説する。安倍晋三元首相の肝いりで設置された分権委だったが、安倍氏の突然の退陣と分権改革に関心の薄い福田康夫元首相の就任で一気に停滞。その後、改革に熱心で、安倍氏の盟友だった麻生太郎前首相が就任したが、低支持率に苦しみ続けた麻生氏に改革を推進する力はなかった。政権交代を実現した鳩山内閣で分権委は外様扱いだった。

 分権委の役割を引き継ぐのは、09年12月に設置された地域主権戦略会議(議長・鳩山由紀夫首相)。6月までに分権改革の方向性を示す「地域主権戦略大綱」をまとめるが、ひも付き補助金の一括交付金化を盛り込むため、18日に実施した各府省へのヒアリングでは、各府省の副大臣や政務官から難色を示す意見が続出した。

 「保育は一括交付金よりも補助金の方がなじむ」(山井和則厚生労働政務官)「交付金の使途が全く制約がないのはありえない」(長安豊国土交通政務官)。自民党政権の各府省と変わらない主張が繰り返された現状に、分権委の委員を務めた猪瀬直樹東京都副知事は「勧告は引き継いでほしい。ゼロスタートでやってもらっては困る」と語った。【石川貴教】

【関連ニュース】
地方分権:改革推進委、実質的な活動終了
地域主権:推進一括法案を閣議決定 通常国会で成立目指す
地域主権戦略会議:推進一括法案など関連2法案を報告
鳩山首相:高知県を視察…3度目の地方行脚
社説:地域主権改革 国・地方協議の場に魂を

<取り調べ可視化>早ければ来年6月めど結論 法務省勉強会(毎日新聞)
月末の日米外相会談で提示せず=普天間移設先−平野官房長官(時事通信)
<普天間移設>北沢防衛相、沖縄知事と意見交換へ(毎日新聞)
日本IBM4千億円の申告漏れ、国税が指摘(読売新聞)
<阿久根市長>「大会出場禁止変更せよ」県立高校長に迫る(毎日新聞)

診療履歴をデータベース化=IT新戦略骨子を決定−政府(時事通信)

 政府は19日、鳩山政権で初となるIT(情報技術)戦略本部(本部長・鳩山由紀夫首相)の会合を首相官邸で開き、「新たな情報通信技術戦略」の骨子を決めた。首相が施政方針演説で掲げた「いのちを守る」との方針に沿って、医療分野でのIT化推進を打ち出したのが特徴。過去の診療履歴をデータベース化し、全国どこの病院でも適切な医療を受けられるようにするシステムを整備すると明記した。
 骨子を基に、4月中をめどに具体的なIT戦略を決め、5月に目標年次を示した工程表を策定する。政府は、6月をめどに策定する新成長戦略にも反映させる方針。
 骨子は、前政権との違いとして、「政府・提供者主導から納税者・消費者である国民主導の社会への転換」のためにITを活用すると強調。(1)国民本位の電子行政の実現(2)地域のきずなの再生(3)新市場の創出と国際展開−を三つの柱とした。 

【関連ニュース】
地方分権改革、早急実現を=最終会合で政府にクギ
参院選公約づくりに着手=子ども手当の扱い焦点
社民・沖縄、「県内移設」に反発=5月決着、展望開けず
鳩山政権に失望感も=アジア重視も結果出ず
園田氏インタビュー要旨

阿久根市長、一般質問を2日続けてボイコット(読売新聞)
静岡・浜名湖の境界画定=2市1町の面積公表−国土地理院(時事通信)
<広末涼子さん>前方不注意で接触事故 東京・環状7号線(毎日新聞)
カラーボール見事命中!コンビニ強盗すぐ逮捕(読売新聞)
郵政改革 亀井担当相が具体策報告 首相、大筋で了承(毎日新聞)

<岐阜刑務所>20代男性受刑者が独居房で自殺か(毎日新聞)

 14日午前4時55分ごろ、岐阜市則松の岐阜刑務所で、独居房にいた20代の男性受刑者が、掛け布団のカバーで首をつっているのを巡回中の職員が発見した。カバーを折り畳んで輪状にし、床から高さ約90センチの水道の蛇口に引っかけていた。男性は病院に搬送されたが間もなく死亡。遺書らしきメモが残されており、同刑務所は自殺とみている。

 同刑務所によると、男性は05年3月に入所。数日前に規律違反で独居房に移ったばかりだった。発見の20分前に見回った時は異常はなかったという。メモには自身が起こした事件への反省の言葉がつづられていたという。

 同刑務所は「男性に問題行動はなく、自殺の兆候はなかった」としている。【三上剛輝】

【関連ニュース】
刑務所出所:仮釈放が満期下回る…高齢化、引受先なし
革手錠死傷事件:2審も刑務官4人有罪 名古屋高裁判決
雑記帳:刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山
刑務所出所:仮釈放が満期下回る 高齢化、引受先なし
eye:盲導犬育てた受刑者 慈しむ心・寛容の心、教えてもらった

歌詞をつぶやいたら利用料?(産経新聞)
奈良公園 雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)
小型ヘリ墜落、社長ら不起訴=「乗客操縦の証拠ない」−大阪地検支部(時事通信)
7人焼死火災、グループホーム運営会社など捜索(読売新聞)
外国人の看護師・歯科医の在留期限撤廃へ(読売新聞)

<地震>宮城、福島、山形県で震度4=午後9時46分ごろ(毎日新聞)

 13日午後9時46分ごろ、福島県沖を震源とする地震があり、宮城、福島、山形各県で震度4を観測した。気象庁によると震源の深さは約80キロ、地震の規模を示すマグニチュードは5.7と推定される。各地の主な震度は以下の通り。

 震度4=宮城県栗原市、石巻市、福島市、福島県郡山市、山形県東根市、米沢市

【関連ニュース】
【地震の詳報】各地の震度情報を詳しく
【写真特集】貧しい国を襲ったハイチ大地震の被害
チリ地震:日本人1200人が在住
チリ地震:津波、日本到達の恐れ…28日午後1時すぎ
地震:沖縄で震度5弱=午前5時31分 10センチの津波

EXPO’70パビリオン 開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
鳩山邦夫氏との連携考えず=民主党の小沢氏(時事通信)
坂本龍一さんら大臣賞=芸術選奨に30人−文化庁(時事通信)
「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側(時事通信)
大学生の就職内定率、過去最低の80・0%(読売新聞)

スカイマークに立ち入り=相次ぐ不祥事受け−国交省(時事通信)

 スカイマークの副操縦士が社内規定に違反し、操縦室内でデジカメで客室乗務員らと記念撮影していた問題で、国土交通省は11日、東京都大田区の同社本社を抜き打ちで立ち入り検査した。ほかにも法令違反がないかなどを調べる。
 同社は副操縦士によるデジカメ撮影のほか、西久保慎一社長と井手隆司会長が体調不良の客室乗務員の交代を求める機長の安全判断に介入。機長を交代させ、客室乗務員はそのまま運航させるなどの不適切な行為を行い、国交省から文書で厳重注意を受けている。 

【関連ニュース】
〔写真ニュース〕茨城空港が開港=定期便2路線
茨城空港が開港=定期便2路線、需要拡大が課題
社長「なぜ飛ばない」=機長の安全判断に介入
松本空港で気圧値発信ミス=旅客機着陸やり直し
11日開港へ式典=百里基地と共用

性犯罪前歴者、出所後の所在不明1割(読売新聞)
<皇后さま>「長谷川等伯展」鑑賞 東京国立博物館(毎日新聞)
<囲碁>謝女流名人が3連覇(毎日新聞)
<日米密約>外務省委が報告書 核持ち込みは「暗黙の合意」(毎日新聞)
女子高生の上履き盗んだ男逮捕=卒業アルバムで好み選ぶ−愛知県警(時事通信)

野口宇宙飛行士 実験棟のロボットアーム組み立て作業(毎日新聞)

 国際宇宙ステーションに長期滞在中の野口聡一宇宙飛行士(44)が10日、日本の実験棟「きぼう」のロボットアームに、細かい作業に使う「子アーム」(全長2.2メートル)を取り付けた。3本の「指」を備えた先端は誤差1センチで動かすことが可能で、船外実験の試料補充や機器の維持管理に欠かせない。正常に作動すれば、宇宙空間での実験態勢が整う。

 様子は、茨城県つくば市の宇宙航空研究開発機構(JAXA)筑波宇宙センターで中継された。

 10日午後9時46分、きぼう船内と宇宙を結ぶ気密扉が初めて、船内にいる野口さんの操作で開けられた。その後、子アームが船外に搬出され、腕に相当する「親アーム」(同10メートル)の先端に子アームが取り付けられた。

 野口さんは12日まで子アームの動作確認を行う。一連の作業時間は計19時間以上になる見通しだ。【高木昭午】

【関連ニュース】
野口宇宙飛行士:無重量の宇宙で「おもしろ実験」
野口飛行士:宇宙で絵本を読み聞かせ 都内の児童に
野口宇宙飛行士:ISSに別れ 6月2日地球に帰還
野口宇宙飛行士:「日本選手の活躍楽しみ」宇宙から激励
野口飛行士:宇宙からDJ 「きぼう」で初ラジオ収録

政府、地域主権2法案を閣議決定(産経新聞)
<掘り出しニュース>きっと芽がでるせんべい 三陸鉄道で販売(毎日新聞)
2ちゃんねる攻撃の韓国コミュニティー 加入者10万人超に(産経新聞)
地域でずらして春秋5連休を=休暇分散化で政府案−観光本部(時事通信)
普天間「県外・国外」 首相うっかり約束!?(産経新聞)

calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
リンク
ネットビジネス
探偵
クレジットカード現金化
無料ホームページ
クレジットカードのショッピング枠を現金化
ライブチャット
selected entries
archives
recent comment
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    栗花畑 (04/19)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    とろろいも (01/14)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    ガトリング白銀 (01/08)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    タンやオ (12/31)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    リョータ (12/26)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    ゴンボ (12/17)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    ちょーたん (12/12)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    ヘッド (12/08)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    ちんたまん (12/04)
  • 元幕下力士を書類送検 相撲甚句会のロゴ無断使用で(産経新聞)
    れもんサワー (11/22)
recommend
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM